ネットスクール

TOP > 合格体験記 > 全経簿記上級
合格体験記

当社の書籍・講座などをご利用いただき、合格された皆様の声を募集しております。
あなたの合格体験記をぜひお寄せ下さい。

合格体験記投稿フォーム

【合格体験記】全経簿記上級

全経簿記上級 第171回 合格 HN ATAC さん
書籍 web講座

  日商2級合格後に、他校で約1年半前後の間講座(日商1級)を受講した後、予想問題集や他社のテキストなどを読んで試験に臨んでいました。このとき読んだとおるテキストが大変わかりやすく、ネットスクールでも講座があることを知り、前回の全経上級対策講座から受講しはじめました。
  ネットスクールの特徴的なところとして、以下の点があると思います。

   ・テキストに具体的なイメージがあってわかりやすい
    ・予想的中率が高い
   ・きめ細やかなサポート

  日商1級の応用パーフェクトコースを受講していたとき、試験の前日にわざわざ直接お電話をもらったときは大変驚きました。その他、全体的に受講生を受からせたいという熱意がとても強く伝わってきました。
  授業の内容に関しては、私は会計学が苦手で暗記で対応していたのですが、それぞれの理論について、どういう経緯で成立し現在どのような状況におかれているのかを具体的に説明してくださったので、暗記ではなく理解しようという方向に自然に考えがシフトしました。
  また今回の全経上級では、工業簿記において大々的に本社工場会計が取り上げられました。 幸いネットスクールでは、出題予想の範囲に含んでいましたし、古い過去問も掲載してくださったので、おかげで本番で対処することができました。……本当にこれが無かったら危なかったと今でも思います。
  個人的には、過去問をある程度解くのは前提ですが、テキストやゼミで基礎に振り返るのも重要だと感じました。あとは出題予想などを目安にして厚くするところと薄くても構わないところをわけておくのがいいのかなと思いました。

  私の試験結果は以下の通りです。
     商簿:80 会計:70 工簿:57 原価:93  合計300点
  自己採点では250~260点ぐらいだと想定していたので、憶測になりますがわりと傾斜配点がされているのではないでしょうか。ですから、(日商1級でも全経上級でも)受かっていないと落ち込んでおられる方も、最後に結果を確認するまでは望みはあります。私も受かるまで心が折れそうになりましたが、諦めず地道に努力を重ねれば簿記力は身につくものだと思います。
  もともと税理士受験資格のために受験したので、今後は税理士の簿財を目指す予定です。すでにネットスクールの講座を申し込みました。今後ともよろしくお願いします。
  最後に、講師やスタッフの方々、受講生の皆様、ありがとうございました!!
全経簿記上級 第170回 合格 HN あっちゃん さん
書籍 web講座 イベント

  日商一級に続き全経上級も合格することができました。
  受験理由は、税理士試験の財表の理論学習にリンクしているということもありますが、それ以上に2回不合格で負けっぱなしで終わりたくないという理由からです。
    主に過去問を繰り返し解いて、ゼミの問題で知識の確認や、苦手な論点潰していく日商一級と同じスタイルで取り組み、全経は理論重視ということで、理論集のスマートアクセスを用いて、その中の正誤問題などを通じて、理解に努めました。
  あと、個人的には税理士試験用の理論集であるスマートセレクトも理論学習におすすめしたいです。全経の場合、理論の穴埋めもそうですが、なぜその会計ルールを使うのかといった、財務諸表論の問題に近いような出題もあるので、そういったことがコンパクトにまとめられたスマートセレクトは、全経上級の学習にも役立つと思います。

  合格できて、8月の税理士試験に向けて、少し勢いをつけて頑張れます。充実した書籍、WEB講義ありがとうございました。
全経簿記上級 第167回 合格 HN 右がいつも寝ぐせ さん
書籍

  日商2級に受かってから、すぐに日商1級を勉強しましたが、レベルがあまりにも高すぎて本試験で大失点しました。そこで「日商1級よりも簡単。」と言われている全経簿記上級を挑戦しました。
  使用したのはNSの過去問題集と日商1級のテキストです。上級の本試験は計算過程を求められ、理論は税理士試験の財務諸表論みたいな構成で日商1級とは違った難しさがありました。過去問は過去に出た問題でやる意味がないと思っていました。しかし過去問を何回転かしたら、「あれ?この理論はさっきの回でも出てきたな。」と思うものがチラホラ見受けられますので重点的に勉強するところが判別でき、また日商でも苦手意識があったリースや減損などがかなり初歩的な部分で問われていて、日商で自分が難しすぎる問題ばかりやっていて本質が理解できてなかったのかと痛感させられました。なのでやる意味は十二分にあったと思います。
  勉強は基本的に過去問の回転、出来なかったものや苦手なものをそのつど日商1級のテキストで潰していく形にして、理論対策は過去問題集に理論対策のページがあったので切り取ってスキマ時間にチェックし、その内容を紙がなくても言えるようにしました。
  本試験では原価計算で痛恨のケアレスミスもあり合否までずっとヒヤヒヤしていました。しかし合格通知がきたときは大変うれしかったです。
  ありがとうございました。